ホーム > プロジェクトレポート − ふじさんミュージアム

プロジェクトレポート 2015

ふじさんミュージアム

メイン動線(入口から最奥の富士山ジオラマを望む)
メイン動線(入口から最奥の富士山ジオラマを望む) メイン動線 メイン動線 プロジェクションマッピング技術で富士山ジオラマに映像投影 プロジェクションマッピング技術で富士山ジオラマに映像投影 貴重な富士信仰関連資料をケース展示
6

最新の映像技術で富士山の魅力を世界に発信!

 本施設は昭和54年に富士吉田市郷土資料館として開館、その後幾度かの増改築を経て、平成27年春に「ふじさんミュージアム」としてリニューアルオープンした。
展示は「富士信仰」に関する資料をメインに、貴重な資料が豊富に展示されているほか、プロジェクションマッピングなど最新の映像技術を多用し、富士山について誰もが気軽に楽しく学べる内容になっている。
また、富士山が世界文化遺産に登録されたのをきっかけに、幅広い利用者に対応するため、施設のバリアフリー・ユニバーサル化や展示説明の英語併記を進め、英語の音声ガイドを導入するなど、世界中から訪れた人々に富士山への理解を深めてもらい、その魅力を発信する情報拠点の役割を果たしている。

ホームページ:ふじさんミュージアム 外部リンク)

■公式サイト http://www.fy-museum.jp/
■所在地 山梨県富士吉田市上吉田2288-1
■分野 歴史
■設立主体 富士吉田市
■開館年月 2015年(平成27年)4月
※リニューアルオープン
■規模 延床面積 4,000㎡
展示面積 1,000㎡
■業務範囲 展示施設設計
展示製作
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す