ホーム > プロジェクトレポート − わかやま歴史館 歴史展示室

プロジェクトレポート 2015

わかやま歴史館 歴史展示室

歴史展示-「和歌山城の歴史文化」
歴史展示-「和歌山城の歴史文化」 シアタールーム-VR映像「よみがえる和歌山城」 「よみがえる和歌山城」VR映像より プロローグ「紀州徳川家伝来の金印」 紀州徳川家の武家文化・茶室の再現 紀州徳川家の武家文化・茶の湯 わかやま人物探訪「和歌山市の偉人・先人」 わかやま歴史館・外観
8

和歌山城の歴史文化を立体絵巻で展開

史跡和歌山城内に位置する既存建物を、ガイダンス施設として改修するにあたり、和歌山の魅力とその歴史を立体的に体験できる展示空間として整備した。
● 歴史展示「和歌山城の歴史文化」

物語的な壁面グラフィックと資料、さらに紀州徳川家の文化を象徴する茶室の再現等により、和歌山の戦国から江戸時代までの歴史を立体絵巻として展開。

● シアタールーム VR 映像「よみがえる和歌山城」

現在では多くの建造物が失われた和歌山城であるが、VR(ヴァーチャル・リアリティ)映像により江戸後期の様子を再現。また映像を手動操作することにより、城内を歩き回る感覚でめぐることもできるソフトを制作。

● 人物展示「わかやま人物探訪」

様々な分野の発展に寄与した和歌山市出身の人物の功績を紹介し、郷土の魅力を発信。

■所在地 和歌山市一番丁3番地
■分野 人文
■設立主体 和歌山市
■開館年月 2015年(平成27年)9月19日
■規模 建築面積  609.88m²
延床面積 2,274.05m²
展示面積  362.88m²
■業務範囲 展示設計
展示製作
熊本城ミュージアム わくわく座(桜の馬場観光交流施設)/熊本市

江戸時代300年を通じて、加藤家、細川家のもと九州の要として栄えた肥後熊本。熊本城は日本三名城の一つに数えられ、現代でも熊本のシンボルです。この天下の名城の築城400年を記念し、熊本市の中心市街地活性化を図って推進されたのが、「熊本城桜の馬場観光交流施設」の整備事業。その中で飲食物販事業と連携し、PFI事業で作られたのが、歴史文化体験施設「湧々座」です。

プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す