写真説明

1 巨大巻上げ機と竪坑のライトアップと
解説グラフィック
2 来場者を誘導するアプローチバナー
3 鯛生金山の歴史と鉱山技術を解説する
ギャラリーゾーン

所在地 大分県日田市中津江村合瀬3750
館 種 専門
設立主体 日田市
開館年月 2009年(平成21年)
4月10日※リニューアル
規 模 敷地面積 180,000m2
展示面積 2,600m2
業務範囲 展示施設設計
施工

掲載ページの内容について許可なく
複製又は使用する事を禁止します。

地底博物館・鯛生金山をわかりやすく、面白く魅力アップ

鯛生金山の観光坑道を、近代化産業遺産の魅力をあますところなく伝える展示としてフレッシュ・アップ。来場者を新しいサインやグラフィックで坑道内をスムーズに誘導しながら、鉱山の歴史や採掘技術をわかりやすく展開。さらにライトアップにより坑道空間のダイナミックな迫力を再発見できる環境演出をおこなった。

◎リニューアルのポイント
@ 広い坑内のゾーニングを明確にし、来場者が全体像を把握できることで、安心感と安全性を確保。
A 坑内の各所に案内・解説パネルを配置し、来場者をスムーズに誘導。
B スーパースポットライトにより、巨大な坑道のスケール感を演出。
C 臨場感あふれる大型スーパーグラフィックにより、鉱山の歴史と技術を解説。
◆館の公式サイト