ホーム > プロジェクトレポート − フェザーミュージアム リニューアル

プロジェクトレポート 2016

フェザーミュージアム リニューアル

ジャイアントフェザーが出迎える
ジャイアントフェザーが出迎える 約1万点の収蔵資料展示 石器から現代まで「切る」のたくさん
3

いのちと暮らしを支える、刃物の体験型企業ミュージアム

2000年にカミソリ文化伝承館・フェザーミュージアムとして開設された当館は、「切るの未来を考える」をテーマにした体験型企業ミュージアムとしてリニューアルされた。1階では、戦前から現代までの最新医療用刃物などの替え刃他約400点が開発エピソードとともに語られる「フェザー・ヒストリー」や、時代を映す新聞広告やTVCMを見ることができる。2階では「切る」をテーマに古今東西の道具や仕事を資料や映像で紹介している。また、最新のメディカル製品や産業用刃物を扱った「精密刃物展示」、壁一面をガラスで仕上げて1万点以上の資料を見る事ができる収蔵展示、「切る」についてのクイズや物を切るさまざまな仕組みを体感しながら学べるコーナーも整備され、体感できるミュージアムに生まれ変わった。当施設は刃物のまち関市が整備する『刃物ミュージアム回廊』の先駆けとして地域の期待を受けている。

■所在地 岐阜県関市日ノ出町1丁目17番地
■分野 企業ミュージアム
■設立主体 フェザー安全剃刀株式会社
■開館年月 2016年(平成28年)3月 リニューアル
■規模 建築面積  742m²
延床面積 1,399m²
展示面積
 1階 約530m²
 2階 約600m²
■業務範囲 建築計画
展示設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す