ホーム > プロジェクトレポート − よみうりニュースラボ

プロジェクトレポート 2014

よみうりニュースラボ

ニュースラボ
ニュースラボ 新聞教室 模擬取材体験
3

子どもたちに新聞の魅力を伝え、愛読者へつなげる体験施設

本施設は2014年春、読売新聞本社・新社屋内にオープン、多くの人の手によって丁寧かつ迅速につくられている新聞の現場を紹介し、高度化する情報化社会のなかで新聞の持つ取材・編集の重要性を伝える新たなスタイルの見学施設である。本施設で特徴的な「模擬取材体験」では、こどもたちが新人記者になった気分で新聞づくりの過程を楽しみながら学ぶことができる。この体験コンテンツは、模型で再現された架空の街にタブレット端末をかざして、仮想空間に散りばめられた事象から記事の材料を集めて取材をするなど、ITを効果的に活用した模擬体験を実現した。展示コーナーでは明治の初め漢文調で知識人しか読めなかった新聞を、だれにでも読みやすい話し言葉に言い換えた読売新聞の姿勢を歴史とともに紹介、単なる解説ではなく展示のトーンやスタッフの接客で親しみやすさを表現している。

 

ホームページ:読売新聞東京本社 会社見学のご案内「新聞記者を体験しよう」 外部リンク)

■公式サイト http://yomi.otemachi-hall.com/kengaku/
■所在地 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社3F
■分野 企業PR
■設立主体 読売新聞東京本社 事業局ホール企画部
■開館年月 2014年(平成26年)4月1日
■規模 ニュースラボ 120㎡
新聞教室 150㎡
■業務範囲 企画・デザイン・製作
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す