ホーム > プロジェクトレポート − じょーもぴあ宮畑

プロジェクトレポート 2015

じょーもぴあ宮畑

縄文の四季を大型映像で演出
縄文の四季を大型映像で演出 「縄文人のおくりといのり」コーナー 体験学習室エントランス
3

縄文時代の四季とくらしをわかりやすく体感

国指定史跡の宮畑遺跡は、縄文時代中期から後期、晩期という約2000年間の宮畑縄文人のくらしが眠る場所です。この遺跡からは直径90cmの巨大な柱と焼かれた家の痕跡が出土しています。
福島市では、この2つの特徴を「謎=ミステリー」と位置づけ、宮畑ミステリーをテーマとした小説やマンガ作品を全国規模で募集し、注目を集めました。
史跡公園に隣接する当体験学習施設では、今に繋がる宮畑縄文人のくらしを、大画面映像で体感的に伝えるとともに、出土遺物に残る情報から当時の様子をイラスト化し、宮畑縄文人の技術や思いを伝えています。
また、宮畑遺跡の特徴である「時代が積層」を、分かりやすく説明するために、展示毎にどの時代のどの場所での事なのかを示し、見やすい展示を目指しました。

■所在地 福島市岡島字宮田78
■分野 体験学習施設
■設立主体 福島市
■開館年月 2015年(平成27年)8月8日
■規模 延床面積 1106.15㎡
展示面積  314.76㎡
■業務範囲 展示基本設計
展示実施設計
展示製作
屋外展示設計、製作
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す