プロジェクトレポート 2017沖縄県立博物館・美術館 博物館常設展示改善事業

琉球国における梵鐘のあり方を伝える整備

屋内展示室
屋内展示室
屋内展示室「万国津梁の鐘」展示
屋内展示室「万国津梁の鐘」展示
万国津梁の鐘ステージ
万国津梁の鐘ステージ
万国津梁の鐘演示台
万国津梁の鐘演示台
琉球仏教と梵鐘タッチモニター
琉球仏教と梵鐘タッチモニター
古琉球の文化ステージ
古琉球の文化ステージ
古琉球の文化ステージ
古琉球の文化ステージ
古琉球の文化ステージ柱巻きグラフィック
古琉球の文化ステージ柱巻きグラフィック
屋外展示「旧大聖禅寺鐘」鐘楼
屋外展示「旧大聖禅寺鐘」鐘楼
  • 屋内展示室
  • 屋内展示室「万国津梁の鐘」展示
  • 万国津梁の鐘ステージ
  • 万国津梁の鐘演示台
  • 琉球仏教と梵鐘タッチモニター
  • 古琉球の文化ステージ
  • 古琉球の文化ステージ
  • 古琉球の文化ステージ柱巻きグラフィック
  • 屋外展示「旧大聖禅寺鐘」鐘楼

琉球国における梵鐘のあり方を伝える整備

本事業では、古琉球の文化財の価値と王国文化の魅力を高めるため、常設展示の一部に地域の特徴を有する梵鐘の展示を追加した。屋内には「万国津梁の鐘」と「古琉球の文化」に関する2つのステージ、屋外には「旧大聖禅寺鐘」を展示す る鐘楼を整備し、手法を工夫することで県内外から訪れる来館者の多様なニーズに応える展示を展開した。 メインの展示となる重要文化財「万国津梁の鐘」は打音が定刻に響き渡る演出を行い、鐘に刻まれた4面の銘文は7カ国語の解説を選択でき、3Dモデルで鐘の特徴を解説している。「古琉球の文化」ステージではこれまで未公開だったものを含め計9口の梵鐘を展示。各梵鐘の詳細情報や、旧首里城周辺での配置を古地図上に示す映像を展開する。 屋外に設置した鐘楼はRC造の躯体で強度を確保しつつ、伝統的な琉球赤瓦や木製の建具を用いて15世紀頃の鐘楼を再現している。

所在地
沖縄県那覇市おもろまち3丁目1-1
分野
観光・歴史
設立主体
沖縄県
開館年月
2017年(平成29年)2月
規模
延床面積 23,700㎡
展示面積  250㎡
業務範囲
展示施設設計
展示制作・工事

弊社実績の詳細についてのお問合せ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る