プロジェクトレポート 2019小牧山城史跡情報館「れきしるこまき」

信長が築いた石垣をプロジェクションマッピングで再現

石垣模型へのマッピング映像
石垣模型へのマッピング映像
史跡公園を紹介するエントランス
史跡公園を紹介するエントランス
インタラクティブ映像シアター
インタラクティブ映像シアター
  • 石垣模型へのマッピング映像
  • 史跡公園を紹介するエントランス
  • インタラクティブ映像シアター

信長が築いた石垣をプロジェクションマッピングで再現

小牧山城史跡情報館は、国指定史跡小牧山のガイダンス施設として建設された。 近年小牧山では発掘調査によって織田信長が築いた石垣が、山周辺で城下町が発見された。このうち上段だけでも2.5〜3.8mもの高さにおよぶ3段の石垣は人々を圧倒するものであった。しかし、文化財保護の観点から史跡整備を行うまでの間石垣は埋め戻され、現地に赴いても発掘時の写真等での紹介にとどまり、その迫力を体感させることが出来ないことが課題となっていた。 展示空間では石垣の迫力を伝えるために、実物大模型へのプロジェクションマッピングで再現し、併せて構造や工法を解説する映像も投影している。この実物大模型のある空間は天井を高くして石垣のスケール感を出すとともに、待機時間には小牧山の四季をイメージした演出をするなど、環境としても楽しめる空間とした。 その他、施設内にはこども体験コーナーも設置し、小牧山城に誘う工夫を随所に施している。

所在地
愛知県小牧市堀の内一丁目2番地
分野
国指定史跡ガイダンス施設
設立主体
小牧市
開館年月
2019年(平成31年)4月25日
規模
延床面積 999.24㎡
展示面積 330.67㎡
業務範囲
基本計画
展示施設設計
展示制作・工事

弊社実績の詳細についてのお問合せ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る