ホーム > プロジェクトレポート − 姫路文学館 リニューアル

プロジェクトレポート 2016

姫路文学館 リニューアル

北館エントランス
北館エントランス 姫路城歴史ものがたり回廊 1 姫路城歴史ものがたり回廊 2 ことばの森 1 ことばの森 2 企画展示室 南館外観KIDSルーム夜景 よいこのへや 司馬遼太郎記念館 図書館
10

文学や文人に興味をもたせる試みを実現したリニューアル

本施設は建物、設備の老朽化にともない、開館して25年目の今年、外観デザインは継承しつつ展示の全面改修をおこなった。リニューアルにあたっては、「よりわかりやすく親しみやすい展示」のコンセプトのもとさまざまな展示の工夫と挑戦を試みた。生まれ変わった文学館のみどころは、姫路城にまつわる物語や歴史を紹介する「ものがたり回廊」、播磨ゆかりの文人の人生観と向き合う「ことばの森」、播磨国風土記のおはなしをモビールで紹介した「よいこのへや」など、多様なアプローチによって幅広い年齢層に対応できる展示とした。歴史考証画家や、墨絵画家をはじめ、多くのアーティストが文学や文人の世界を表現することで、姫路文学館固有の世界観が生まれた。また、情報の鮮度を保つために、デジタル・サイネージと、マグネットパネルなどを組み合わせ、展示内容の更新性を高めるとともに、展示環境の向上を実現した。

■所在地 兵庫県姫路市山野井町84
■分野 文学館
■設立主体 姫路市
■開館年月 2016年(平成28年)7月30日
■規模 建築面積 北館 1,324㎡/南館 1,360㎡
延床面積 北館 3,815㎡/南館 2,533㎡
展示面積 北館  912㎡/南館  607㎡
■業務範囲 展示基本設計
展示実施設計
展示製作
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す