ホーム > プロジェクトレポート − 山梨近代人物館

プロジェクトレポート 2015

山梨近代人物館

旧知事室
旧知事室 展示室 プロジェクションマッピング
3

県指定有形文化財の保存・活用に配慮した展示

本施設は県指定有形文化財である山梨県庁舎別館内に整備された展示室。山梨近代人物館として、概ね明治時代から戦前までの、農林業、政治・経済、国際交流、教育、芸術、学術など幅広い分野で活躍した山梨ゆかりの人物や、山梨県政のあゆみを紹介している。旧知事室、正庁など、創建時の様相をよく残している部屋は当時の写真にあわせて修復・再現した。インテリアも現存する資料等を参考に、デザインだけではなく材質も含め復元した。展示室では県指定文化財である空間を損なわずに多くの人物を紹介できるように、ハード面の什器・ソフト面のプログラムそれぞれ展示替えしやすい可変システムを採用した。
さらに先人の残した言葉や写真を中心に展示を構成し、子供向けのコーナーも用意することで、近代人物という馴染みの薄い事柄にも親しみやすい展示を目指した。

■所在地 山梨県甲府市丸の内1丁目6番1号
■分野 観光(歴史)
■設立主体 山梨県
■開館年月 2015年(平成27年)4月2日
■規模 建築面積 2,117.20m²
延床面積 6,040.49m²
展示面積  454. 23m²
■業務範囲 基本計画
展示施設設計
工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す