ホーム > プロジェクトレポート − 日本電産サンキョー オルゴール記念館 すわのね

プロジェクトレポート 2016

日本電産サンキョー オルゴール記念館 すわのね

ファンタジーな映像と演出のコンサートホール
ファンタジーな映像と演出のコンサートホール ショーウィンドウ展示 外観も一新 受付 日本のオルゴール 世界のオルゴール オルゴールブティック オルゴール試聴コーナー オルゴール組立体験工房 カフェ
10

音楽に託した職人たちの夢、ここに集結

諏訪地域は戦後高度経済成長期には「東洋のスイス」と評され、オルゴール発祥の地として知られる。「諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館」は1996年の開館以来様々なオルゴールの魅力を伝えてきた。
1946年にこの地で創業した日本最大規模のオルゴールメーカー、日本電産サンキョー(当時、三協精機製作所)は、その魅力を更に多くの人に伝えるべく、同施設の全面リニューアルを行った。最大のポイントは、従来から行われていたオルゴールの生演奏に、スペシャルキャストと映像が融合したエンターテイメントショーの実演であり、日本のオルゴールミュージアムとして初の試みである。
更に、日本での歴史と生産技術を紹介する「日本のオルゴール」コーナーを新設。既存の「オルゴール組立体験工房」とカフェ・ショップはデザインを一新し、オープンテラスを新設することにより、オルゴール好きのみならず、誰もが気軽に楽しめる、諏訪の新たな観光文化拠点として生まれ変わった。

■所在地 長野県諏訪郡下諏訪町5805
■分野 博物館
■設立主体 日本電産サンキョー株式会社
■開館年月 2016年(平成28年)3月18日
■規模 延床面積 819.06㎡
建築面積 571.14㎡
展示面積 596.15㎡
■業務範囲 展示計画
展示設計
展示製作
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す