ホーム > プロジェクトレポート − あずきミュージアム

プロジェクトレポート 2009

あずきミュージアム

10倍のエリモショウズ
10倍のエリモショウズ 10倍のエリモショウズ 美しい日本の四季と小豆食 美しい日本の四季と小豆食 赤の世界 赤の世界
6

“あずき”を知ると日本の歴史・文化が見えてくる

設立50年を迎えた株式会社御座候は、一般の人々に小豆を身近に感じてもらい、小豆生産にたずさわる研究者、生産者、自社社員が小豆に誇りを感じてもらうことを目的に、長年にわたり積みかさねた調査・情報収集の成果を集約した世界初の小豆をテーマにしたミュージアムを開設しました。
起源、栽培の歴史、東アジアに広がる照葉樹林帯の文化とのかかわり、植物の特性など植物学、民族学的な視点や、小豆を用いた伝統的な儀式、まじない、魔除けなど民俗学的な視点など、さまざまな角度から小豆を紹介しています。
御座候の回転焼きの原料である十勝農業試験場で育成された優良な小豆品種エリモショウズを10倍に再現した約6メートルの造形を配置した展示空間は、周囲の壁面で展開される種まきから収穫までの過程を紹介するグラフィックの演出効果により、あたかも小豆畑にいるような空気感を醸しだしています。

■公式サイト http://www.gozasoro.co.jp/amuseum/index.html
■所在地 兵庫県姫路市阿保甲611番地の1
■分野 専門
■設立主体 株式会社 御座候
■開館年月 2009年(平成21年)7月1日
■規模 建築面積 1,177㎡
延床面積 2,009㎡
展示面積 1,105㎡
■業務範囲 展示施工
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す