ホーム > プロジェクトレポート − ヤンマー 尼崎工場史料館

プロジェクトレポート 2014

ヤンマー 尼崎工場史料館

ドイツM.A.N.社から贈られた、世界最古の実用ディーゼルエンジン
ドイツM.A.N.社から贈られた、世界最古の実用ディーゼルエンジン 映像による解説 歴代のヤンマー製エンジン ヤンマー100年の歩み年表 リニューアルされた外観
5

ヤンマーの誇る貴重な大形エンジンたち

2012年に創業100年を迎えたヤンマーは、近代産業化遺産に認定されたエンジン4台を含む特徴的な製品を展示し、工場を訪れる国内外のお客様に向けてヤンマーが製品に取り組む姿勢や、社会に果たしてきた役割などを伝えるコミュニケーションツールとして既存の施設をリニューアルした。
なかでも世界最古の実用ディーゼルエンジンは大変貴重で、発明者ディーゼル博士ゆかりのドイツM.A.N.社から世界で初めてディーゼルエンジンの小型化に成功したヤンマー創業者 山岡孫吉へ寄贈されたものである。
リニューアルにあたっては、これらのエンジンの配置構成、解説を内外装とともに統一的にデザインし、落ち着いた環境に立ち並ぶ迫力のエンジンを効果的に演出する照明を配置することでプレミアムな雰囲気を醸し出している。

■所在地 兵庫県尼崎市長洲東通1-1-1
■分野 専門
■設立主体 ヤンマー株式会社
■開館年月 2014年(平成26年)4月
■規模 展示面積 110㎡
■業務範囲 展示設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す