ホーム > プロジェクトレポート − 出島和蘭商館跡 第III期事業

プロジェクトレポート 2016

出島和蘭商館跡 第III期事業

筆者蘭人部屋2階「日本とつながる出島」
筆者蘭人部屋2階「日本とつながる出島」 銅蔵 1階「銅の収蔵再現」 カピタン部屋 1F階「体験学習展示」 筆者蘭人部屋 1階「世界とつながる出島」 組頭部屋 1階「炉跡遺構レプリカ」 銅蔵 2階「イベントスペース」 十四番蔵 1階「出島築造と旧出島橋」 十六番蔵 1階収蔵庫 十六番蔵 2階企画展示室 外観 カピタン部屋と第Ⅲ期新6棟
10

世界とつながり続けた出島の再整理

出島整備事業は復元された19世紀初頭の建物に、商館員のくらしが実感できる生活再現展示、復元過程や発掘調査など研究成果がわかる資料展示、参加体験型展示などの手法が用いられてきた。第Ⅲ期事業は、復元建物新6棟+既存展示改修において「つながる出島」をコンセプトに、江戸時代における世界と長崎、日本と長崎のかかわりについてヒト・モノ・コトの視点から出島全体の再整理をおこなった。「筆者蘭人部屋」は、プロジェクションマッピングやグラスビジョンによる映像で世界・日本と出島のつながりを伝えた。「十六番蔵」は出島初のRC造で収蔵庫、エアタイトケースなど内装を整備し、貴重な実物資料による企画展示が可能となった。「組頭部屋・銅蔵」は日本の重要輸出品であった銅の検査・保管状況を再現。「カピタン部屋」は、テーマに則ったハンズオン体験展示室を設置するなど、来訪者に楽しんでいただける空間づくりをした。

■所在地 長崎県長崎市出島町6番1号
■分野 歴史
■設立主体 長崎市
■開館年月 2016年(平成28年)10月
■規模 延床面積  2,649㎡
展示面積  1,932㎡
■業務範囲 展示設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す