プロジェクトレポート 2020港区立みなと科学館

都市機能の集積する街で“先進的な学び”を目指す科学館

多目的ロビー
多目的ロビー
常設展示コーナー
常設展示コーナー
常設展示コーナー
常設展示コーナー
みなと・クエストMap
みなと・クエストMap
みなと・気づきWall
みなと・気づきWall
みなと・探求Lab「まち」
みなと・探求Lab「まち」
みなと・探求Lab「うみ」
みなと・探求Lab「うみ」
体験型展示「いきものの成長」
体験型展示「いきものの成長」
実験室
実験室
テーブルサイエンス
テーブルサイエンス
  • 多目的ロビー
  • 常設展示コーナー
  • 常設展示コーナー
  • みなと・クエストMap
  • みなと・気づきWall
  • みなと・探求Lab「まち」
  • みなと・探求Lab「うみ」
  • 体験型展示「いきものの成長」
  • 実験室
  • テーブルサイエンス

都市機能の集積する街で“先進的な学び”を目指す科学館

みなと科学館は、世界で活躍する人材育成を図るべく『先進的な学びの、その先』に向けた活動を目指す施設である。理科教育の総合的な支援を目途に、実験室やプラネタリウムホール、企業・大学と連携した先進的な事業ができる多目的ロビー等の機能を充実した。 常設展示コーナーは“まちに息づく科学”の発見と探究をコンセプトに、港区の地域特性をふまえた「しぜん」「まち」「うみ」「わたし」の4テーマで構成。常設展示コーナーの中央に設置した体験型映像システム「みなと・クエストMap」で、ふだん意識することのない土地の成り立ちや、生活インフラ・生き物の分布等を、地図上で俯瞰的に見ることで気づきや探究ができるようにした。Mapを囲む「みなと・気づきWall」では、4テーマに関連したトピックを探究できる展示を、さらに外周では、より詳細の内容を楽しく学べる体験型展示を設置。中央の Mapから外周にかけて「気づき」→「探究」→「理解」という体験の流れをつくり、より学習効果を高める構成とした。

所在地
東京都港区虎ノ門3-6-9
分野
理工
設立主体
港区
開館年月
2020年(令和2年)6月1日
規模
延床面積 1,254㎡
展示面積  316㎡
業務範囲
基本計画
展示施設設計(基本・実施)
展示制作・工事
運営

弊社実績の詳細についてのお問合せ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

この施設に関する追加情報

港区立みなと科学館 指定管理者
ピックアップ事例

港区立みなと科学館 指定管理者

大学や企業とのオープンイノベーティブな連携で「知の拠点」としての先端的な科学館運営を展開

港区立みなと科学館は、科学を体験する場を提供することにより、区民の科学への関心を高め、区民の教養の向上及び主体的な学びの意欲の増進に寄与することを目的に設置されました。当社は、指定管理者として、『先進的な学びの、その先へ』という科学館コンセプトのもと、区の理科教育の体験学習機能を前提に、新しいコミュニケーションの場としての科学館運営を推進。教育委員会、教育センターと協働しながらの学習カリキュラム開発や、港区内外の大学や企業とのオープンイノベーティブな連携事業など、新時代の協働するネットワーク科学館事業を展開しています。

ページのトップへ戻る