プロジェクトレポート 2010いわて子どもの森 リニューアル

子どもたちの理想の“秘密基地”を目指せ!

エントランスホール
エントランスホール
絵本の部屋「ヨムヨム」― 気分は南国の無人島 ―
絵本の部屋「ヨムヨム」― 気分は南国の無人島 ―
絵本の部屋「ヨムヨム」― 気分は南国の無人島 ―
絵本の部屋「ヨムヨム」― 気分は南国の無人島 ―
「子どもシアター“ぽけっと”」― ゴロゴロしながらアニメを楽しもう ―
「子どもシアター“ぽけっと”」― ゴロゴロしながらアニメを楽しもう ―
おもちゃの部屋「おもちゃ湯」― おもちゃにまみれていい湯だな ―
おもちゃの部屋「おもちゃ湯」― おもちゃにまみれていい湯だな ―
  • エントランスホール
  • 絵本の部屋「ヨムヨム」― 気分は南国の無人島 ―
  • 絵本の部屋「ヨムヨム」― 気分は南国の無人島 ―
  • 「子どもシアター“ぽけっと”」― ゴロゴロしながらアニメを楽しもう ―
  • おもちゃの部屋「おもちゃ湯」― おもちゃにまみれていい湯だな ―

子どもたちの理想の“秘密基地”を目指せ!

いわて子どもの森は、「おとなもこどもも のんびり ゆっくり ぽけーっとしようよ」をテーマに、子ども自身が遊び体験を通して、見て、聞いて、ふれて、感じるなかで、驚きや発見、多彩な出会いをはぐくむ体験型の児童館として平成15年に開館した。
リニューアルにあたり心がけたのは、基本テーマをより鮮明に浮かび上がらせること、すなわち「もっとのんびり ゆっくり ぽけーっとしようよ」である。具体的には床、壁、天井全ての内装を改修の対象とし、剥がせるところは剥がし、覆えるところは覆い、より没入感のある環境を演出することに力を注いだ。海外のアニメが楽しめる「子どもシアター“ぽけっと”」はゴロゴロできる洞窟、絵本の部屋「ヨムヨム」は無人島、おもちゃの部屋「おもちゃ湯」はまさに銭湯など、各々演出テーマを設け、いろいろなシチュエーションで“ごっこ遊び”ができ、お気に入りの場所がきっと見つかる、そんな理想の“秘密基地”をめざした。

ホームページ:県立児童館 いわて子どもの森外部リンク 外部リンク)

公式サイト
http://www.iwatekodomonomori.jp/
所在地
岩手県二戸郡一戸町奥中山 字西田子1468-2
分野
大型児童館
設立主体
岩手県
開館年月
2010年(平成22年)4月21日 ※改修後
規模
敷地面積 300,000m²
延床面積  7,418m²
展示面積   413m² ※更新部分
業務範囲
展示施設設計
施工 ※JV施工

弊社実績の詳細についてのお問い合わせ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。
担当者よりご連絡させていただきます。

類似課題のピックアップ事例

カップヌードルミュージアム
ピックアップ事例

カップヌードルミュージアム

日清食品創業者・安藤百福の「創造的思考」を
コンセプトに、五感で味わうカップヌードルの世界。

日清食品創業者・安藤百福の「クリエイティブシンキング=創造的思考」をコンセプトに掲げた全館体験型のミュージアムです。大阪のインスタントラーメン発明記念館で人気の「マイカップヌードルファクトリー」「チキンラーメンファクトリー」に加え、カップヌードルの工場に仕立てたアスレチック「カップヌードル パーク」と、アジアのナイトマーケットを再現した街で世界8カ国の麺を味わえる「NOODLES BAZAAR ワールド麺ロード」を新設。展示では、安藤百福のクリエイティブシンキングを6つのアートで表現し、発明・発見のヒントをみつける斬新な試みを行っています。

ページのトップへ戻る