ホーム > プロジェクトレポート − かごしま環境未来館 リニューアル

プロジェクトレポート 2020

かごしま環境未来館 リニューアル

ゾーン3 私たちができること arrow arrow
ゾーン3 私たちができること
ゾーン3 私たちができること ゾーン1 奇跡の星・地球 ゾーン4 未来のために行動しよう ゾーン2 マグネットパネルによる壁面展示 3段構成グラフィック 種の保存 生き物造形をめくると直面する環境問題がわかる 大気と水と土 水の循環を実感するボールコースター 海洋ごみ テーブルクロスをめくると海洋ごみの実態がわかる キッズコーナー ミライテラス
10
arrow arrow

環境保全活動を喚起し広げる工夫を随所に散りばめた施設

本施設は、環境について関心や理解を深め、自発的に環境保全活動を実施するとともに、活動の輪を広げることを目的とした学習・活動拠点施設として整備された。
今回、展示は「気づく」「知る」「考える」「つなげる」の4ゾーンとし、具体的な行動を促す構成にリニューアルした。
展示のメインとなる「ゾーン3」では、イラストや図解を主体に「アイキャッチコピー」「必須訴求情報」「深堀情報」の3ブロックで構成されたグラフィックで学びを深耕。パズルやブロック等を取り入れた体験装置も組み合わせて、遊びながら環境問題を学べるようにした。
「ゾーン4」は教室に見立てた空間とし、デジタル地球儀を使って“地球の今”を探るコンテンツや、先生と生徒の掛け合いによる映像で、自分でもできる環境保全活動を楽しく学べるコーナーとした。
また、展示製作にあたっては、地元スタッフで体制を組むことで、地球環境の変化や市民活動の進展に伴う展示の更新・変更にも柔軟に対応できる仕組みを構築している。

■所在地 鹿児島県⿅児島市城⻄⼆丁⽬1-5
■分野 自然
■設立主体 鹿児島市
■開館年月 2020年(令和2年)3月20日(リニューアル)
■規模 延床面積 3,042㎡
展示面積 1,042㎡
■業務範囲 基本計画
展示施設設計
展示制作・工事
お客様の課題を解決するコミュニケーション環境デザイン プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す
ご相談・お問い合わせ