ホーム > プロジェクトレポート − 雲仙岳災害記念館 がまだすドーム リニューアル

プロジェクトレポート 2018

雲仙岳災害記念館 がまだすドーム リニューアル

展示室1 arrow arrow
展示室1
展示室1 展示室2 平成噴火ジオラママッピング 雲仙岳スカイウィーク こどもジオパーク こどもジオパーク ジオマウンテン こどもジオパーク ボルダリング こどもジオパーク ボールプール こどもジオパークアスレチック こどもジオパーク こどもライブラリー
10
arrow arrow

楽しく学べる!ジオと火山の体験ミュージアム

当施設は、雲仙普賢岳の大噴火という災害を、後世に伝えることを目的として、2002年に開館。16年を経て、災害の風化を食い止めるため、子供たちにも親しみやすい施設を目指し、2018年4月にリニューアルオープンした。
展示は、既存のコンテンツも活用しながら、プロジェクションマッピングや大型スクリーンを使った4K映像など、新たな映像コンテンツを多用して、噴火災害の様子をわかりやすく伝えている。また、火山や防災について、ゲーム感覚で体験しながら学ぶことできるコーナーを増やし、子供にも楽しく学ぶことができる展示となっている。
また、展示室とは別のゾーンには、新たに、遊びながら学ぶ、雲仙・普賢岳に見立てた「こどもジオパーク」を設置し、幅広い世代が、何度来ても楽しめる施設となっている。

■所在地 長崎県島原市平成町1-1
■分野 記念館
■設立主体 長崎県
■開館年月 2018年(平成 30年)4月1日
■規模 建築面積 5,653㎡
延床面積 5,903㎡
展示面積 2,400㎡(展示室 約1,900㎡、 こどもジオパーク 約500㎡)
■業務範囲 展示施設設計
展示制作・工事
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター/兵庫県

震災体験を自らのリスクとして受けとめる、防災の教育・研究拠点。

阪神・淡路大震災の経験と教訓を継承し、災害による被害の軽減に貢献することを目的とする研究・教育施設です。展示部門は地震の発生から復興の過程をたどる展示フロアと、防災に関する最新情報を提供する展示フロアで構成されています。

お客様の課題を解決するコミュニケーション環境デザイン プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す
ご相談・お問い合わせ