ホーム > プロジェクトレポート − 高松市民防災センター

プロジェクトレポート 2010

高松市民防災センター

災害対応シミュレーター
災害対応シミュレーター 基礎学習コーナー 展示室エントランス
3

災害への対応力を鍛える防災学習施設

高松市にはすでに香川県の防災学習センターがあり、性格の異なる施設をつくる必要があった。災害時の疑似体験が中心の防災学習センターに対し、本館では災害への対応力を高める“学習”に重点を置いた展示をめざした。 まず冒頭で、2004年香川県全域を襲った台風・高潮の被害を映像で紹介。来館者の危機意識をあおり、メイン展示「災害対応シミュレーター」へ。住宅にみ たてた空間で、風水害、地震、火災など災害への対応力を試すプログラムを展開。映像・音響・振動・119番通報体験などが連動する体感演出により、災害前 後に役立つ一連の行動を楽しみながら学習することができる。基礎学習コーナーでは、防災の基礎知識をイラストでやさしく解説。シミュレーターと繰り返し学 習することで、より実践的な防災力をやしなうことを目的としている。

  ホームページ:高松市民防災センター 外部リンク)

■公式サイト http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/13262.html
■所在地 香川県高松市多肥下町1530-16
■分野 専門(防災)
■設立主体 高松市
■開館年月 2010年(平成22年)4月1日
■規模 建築面積 1,258m²
延床面積 4,228m²
展示面積  420m²
■業務範囲 展示施設設計
施工
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す