ホーム > プロジェクトレポート − 日本ピラー工業 四ツ橋本社エントランス

プロジェクトレポート 2017

日本ピラー工業 四ツ橋本社エントランス

製品をイメージした空間デザイン
製品をイメージした空間デザイン グローバル展開マップ 事業領域の広がりを示す年表 映像検索端末
4

未来に挑戦する企業姿勢をイメージした新本社の顔

流体制御関連機器製品の製造販売を営む、日本ピラー工業(株)は、多数の建築賞受賞歴のある旧INAX大阪ビルへの本社移転に伴い、新しい本社のエントランス空間をつくった。新エントランスは、日本ピラー工業らしさを表現しつつ、優れた既存の建築デザインと調和させ、本社の新しい顔として品格のあるデザインが求められた。そのため、タイルを多用する既設空間の中に、白が基調の壁面とコーポレートカラーである青の展示什器を配し、心地よく緊張感のある空間づくりを行った。また、天井と床の大きな円は、創業以来の代表製品である「グランドパッキン」の独創技術を核に、グローバル企業に成長した日本ピラー工業の社業とその事業領域の拡がりをイメージし、様々な産業に寄与し未来に挑戦する企業姿勢を表現した。

■所在地 大阪府大阪市西区新町1-7-1
■分野 企業ショールーム
■設立主体 日本ピラー工業株式会社
■開館年月 2017年(平成29年)3月
■規模 建築面積  507㎡
延床面積 6,061㎡
展示面積   73㎡
■業務範囲 展示設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す