プロジェクトレポート 2021大和ハウスグループ みらい価値共創センター コトクリエ

「変革力」習得への気づきを促すシームレスな展示体験空間

脳神経科学メソッドを取り入れた研修室
脳神経科学メソッドを取り入れた研修室
アーティストがそれぞれの解釈で創業者の言葉をアート作品に昇華させた展示
アーティストがそれぞれの解釈で創業者の言葉をアート作品に昇華させた展示
建設地から出土した平城京の古井戸(実物)を活用した遺構再現
建設地から出土した平城京の古井戸(実物)を活用した遺構再現
創業者の原風景や心に刻ん他゙だ「水五訓」に向き合う瞑想空間
創業者の原風景や心に刻ん他゙だ「水五訓」に向き合う瞑想空間
設計思想が本物の建築として立ち上がるさまを多面的に表現する映像装置
設計思想が本物の建築として立ち上がるさまを多面的に表現する映像装置
建築プロジェクトの足跡を辿るプロセス展示
建築プロジェクトの足跡を辿るプロセス展示
映像と模型とが重なり場所の記憶を語る積層模型展示
映像と模型とが重なり場所の記憶を語る積層模型展示
多分野のクリエイターからの未来へのメッセージと対峙する映像装置
多分野のクリエイターからの未来へのメッセージと対峙する映像装置
  • 脳神経科学メソッドを取り入れた研修室
  • アーティストがそれぞれの解釈で創業者の言葉をアート作品に昇華させた展示
  • 建設地から出土した平城京の古井戸(実物)を活用した遺構再現
  • 創業者の原風景や心に刻ん他゙だ「水五訓」に向き合う瞑想空間
  • 設計思想が本物の建築として立ち上がるさまを多面的に表現する映像装置
  • 建築プロジェクトの足跡を辿るプロセス展示
  • 映像と模型とが重なり場所の記憶を語る積層模型展示
  • 多分野のクリエイターからの未来へのメッセージと対峙する映像装置

「変革力」習得への気づきを促すシームレスな展示体験空間

本施設は、創業者 石橋信夫氏の生誕100周年を迎える2021年に、ゆかりの地である奈良県に開所された大和ハウスグループの地域に開かれた研修施設である。本プロジェクトの関係者が、社員との対話やワークショップを重ねて見出した目指すべきリーダー像=「変革力」を身につけた人財。当社では、その育成に資する情報やメッセージを伝える展示のあり方を模索した。 脳神経科学に基づいたファシリテーションを行う研修室や創業者の言葉をアーティストが昇華させた作品群、多分野のクリエイターからの「みらいへのメッセージ」と対峙する映像装置など、共創から生まれた多種多様な展示を、あらゆる場がシームレスにつながる建築空間の随所に点在させ、様々な場面で研修生に「変革力」習得への気づきを促すように構成した。コロナ禍においてリモート化が進む中、あえてリアルな研修の場に集い共に体感・体験する展示のあり方を追求することで、さらなる研鑽と共創を促す場づくりを図った。

所在地
奈良県奈良市西九条町4丁目1-1
分野
研修施設
設立主体
大和ハウス工業株式会社
開館年月
2021年(令和3年)10月1日
規模
延床面積 17,048㎡
展示面積  713㎡
業務範囲
展示施設設計
展示制作・工事

弊社実績の詳細についてのお問合せ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る