プロジェクトレポート 2021わくわくコマツ歴史館 リニューアル

持続的に地域社会に貢献し、100年の歩みを振り返る拠点へ

コマツ100年の軌跡 展示室入口
コマツ100年の軌跡 展示室入口
国産第一号トラクターを象徴的に展示
国産第一号トラクターを象徴的に展示
積み重なる歴史で構成される壁面
積み重なる歴史で構成される壁面
OB・OGから提供の思い出アルバム
OB・OGから提供の思い出アルバム
工事現場を再現 壁面年表内に組み込まれたのぞき穴ジオラマ
工事現場を再現 壁面年表内に組み込まれたのぞき穴ジオラマ
人々に受け継がれる創業の精神を帯状につなぐ「Komatsu Way」
人々に受け継がれる創業の精神を帯状につなぐ「Komatsu Way」
社員の中に生きるコマツの精神をエピソードで紹介
社員の中に生きるコマツの精神をエピソードで紹介
地域史・事業史・商品史を紹介 大型スクリーン
地域史・事業史・商品史を紹介 大型スクリーン
長編映像をゆったり視聴 シアター展示室
長編映像をゆったり視聴 シアター展示室
コマツのスケールの大きさをダイナミックな映像で体感 エントランス
コマツのスケールの大きさをダイナミックな映像で体感 エントランス
  • コマツ100年の軌跡 展示室入口
  • 国産第一号トラクターを象徴的に展示
  • 積み重なる歴史で構成される壁面
  • OB・OGから提供の思い出アルバム
  • 工事現場を再現 壁面年表内に組み込まれたのぞき穴ジオラマ
  • 人々に受け継がれる創業の精神を帯状につなぐ「Komatsu Way」
  • 社員の中に生きるコマツの精神をエピソードで紹介
  • 地域史・事業史・商品史を紹介 大型スクリーン
  • 長編映像をゆったり視聴 シアター展示室
  • コマツのスケールの大きさをダイナミックな映像で体感 エントランス

持続的に地域社会に貢献し、100年の歩みを振り返る拠点へ

建設機械メーカーのコマツは、創立100周年を記念して、発祥の地・石川県小松市にある「こまつの杜」のリニューアルを実施。
園内施設のうち、当社はコマツの技術や歴史に触れる「わくわくコマツ歴史館」のリニューアルを担当した。
旧本社社屋の外観を復元した歴史館の展示室内は、コーポレートカラーであるグロリアブルーを配し、歴史と現在のブランドイメージが融和する空間デザインを目指した。
1階では国産初のトラクターT25を象徴的に展示し、建機メーカーとしてのルーツを印象づけるように構成。周囲にはコマツ100年の歴史を物語る年表ウォールを展開し、各時代のキーポイントをドラマ映像等で紹介している。
2階はコマツグループ社員が現場や職場で永続的に継承すべき価値観を行動様式で表現した「コマツウェイ」を紹介する展示などがあり、100年に渡り継承されてきた創業者「竹内明太郎」の創業精神が、現在のモノづくりの姿勢にも脈々と受け継がれていることを感じさせる施設とした。

所在地
石川県小松市こまつの杜1
分野
企業ミュージアム
設立主体
コマツ
開館年月
2021年(令和3年)6月15日
規模
延床面積 442㎡
展示面積 278㎡
業務範囲
展示施設設計
展示制作・工事

弊社実績の詳細についてのお問い合わせ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る