ホーム > プロジェクトレポート − トッパン朝霞証券工場プレゼンテーションルーム

プロジェクトレポート 2017

トッパン朝霞証券工場プレゼンテーションルーム

シンボル展示
シンボル展示 商材展示 プレゼンテーションスペース 全体パース
4

工場への期待と信頼を創造するおもてなし空間

世界有数の証券専門工場であるトッパンの朝霞証券工場は日本で随一の技術を持つ彫刻師が在籍しており、その永い歴史と技術力の高さは他に類を見ない。
本工場へお越しいただいたお客さまにトッパンの「高度なセキュア設備」「豊富な技術力・経験」を実感していただくために、おもてなしのプレゼンテーションスペースを整備した。まずプレゼンテーションの導入部に、トッパンの社名の由来である「エルヘート凸版法の銅板」をシンボル展示として象徴的に展示し、お客さまに驚きとインパクトを与え、トッパンへの期待と信頼を創造する空間を生み出した。さらに商材展示では壁面一杯の展示物を並べることで圧倒的な経験を物量で表現した。
また内装材の多くにトッパン自社製品である建装材を活用することで、空間全体でトッパンの高度な「印刷テクノロジー」をメッセージし、重厚感・高級感のあるおもてなし空間を演出している。

■所在地 埼玉県新座市野火止7-21-33
■分野 工場プレゼンテーションスペース
■設立主体 株式会社トッパンコミュニケーションプロダクツ
■開館年月 2017年(平成29年)9月
■規模 展示面積 150㎡
■業務範囲 展示施設企画
展示設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す