ホーム > プロジェクトレポート − 横浜綱島水素ステーション併設PR施設 スイソテラス

プロジェクトレポート 2017

横浜綱島水素ステーション併設PR施設 スイソテラス

1階 受付
1階 受付 1階 展示スペース 1階 展示スペース 1階 水素充填の模擬体験コーナー 2階 シアター 2階 シアター 2階 シアター 2階 展示スペース 外観
9

水素エネルギーが創る、新たな社会を訴求

スイソテラスは、さまざまな企業・自治体の技術や知恵を集結した、次世代都市型スマートシティ「Tsunashima SST(サスティナブル・スマートタウン)」に、水素エネルギーに関する情報の発信拠点としてオープンした。
本施設は燃料電池車(FCV)へ水素を供給する「横浜綱島水素ステーション」に併設され、1階は、来館者に水素エネルギーへの興味をもってもらうため、燃料電池車(FCV)への水素の充填を体験できる装置や、水素ステーションの模型、水素エネルギーに関連した映像などを展示。2階は、水素エネルギーを正しく理解してもらうため、「水素の特性」や「安全性」、「水素社会の将来像」などを、プロジェクションマッピングによる視覚演出効果で興味深く理解できるシアターとなっている。「見る」、「体験する」ことをコンセプトに、水素を身近に感じてもらう施設となっており、水素社会の実現に向けた啓発施設としての役割を果たしている。

■所在地 神奈川県横浜市港北区綱島東4-3-9
■分野 ショールーム
■設立主体 JXTGエネルギー株式会社
■開館年月 2017年(平成29年)3月
■規模 建築面積  67㎡
展示面積 109㎡
■業務範囲 展示設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す