プロジェクトレポート 2016横浜市民防災センター リニューアル

いざというときに役立つ知識を、楽しく学ぶ

エントランス
エントランス
臨場感溢れる災害シアター
臨場感溢れる災害シアター
自宅での避難行動を体験する減災トレーニングルーム
自宅での避難行動を体験する減災トレーニングルーム
消火のポイントの体験
消火のポイントの体験
様々な場所で地震が起こると?を体験
様々な場所で地震が起こると?を体験
火災時にできる煙の中性帯を再現
火災時にできる煙の中性帯を再現
災害が起きたときの行動を実践的に体験
災害が起きたときの行動を実践的に体験
「気づいた時には、すでに窓の外に土砂が迫っている!」という状況を再現
「気づいた時には、すでに窓の外に土砂が迫っている!」という状況を再現
横浜市の取組みや色々な防災情報を検索
横浜市の取組みや色々な防災情報を検索
併設する訓練室を活用した企業出展
併設する訓練室を活用した企業出展
  • エントランス
  • 臨場感溢れる災害シアター
  • 自宅での避難行動を体験する減災トレーニングルーム
  • 消火のポイントの体験
  • 様々な場所で地震が起こると?を体験
  • 火災時にできる煙の中性帯を再現
  • 災害が起きたときの行動を実践的に体験
  • 「気づいた時には、すでに窓の外に土砂が迫っている!」という状況を再現
  • 横浜市の取組みや色々な防災情報を検索
  • 併設する訓練室を活用した企業出展

いざというときに役立つ知識を、楽しく学ぶ

同センターは、横浜駅周辺の都市災害対応、市民への防災知識の普及啓発、備蓄物資・資機材の保管を主な目的として昭和58年に開館、平成7年のリニューアルを経て、2度目の全面リニューアルを行った。展示室の他、団体の専門研修を行える研修室と訓練室も備え、消防隊の活動拠点も併設した施設である。
今回のリニューアルでは、これまでの個別体験装置型展示から、自分の暮らす地域を知り、自分に必要な減災行動を学び、体験する「自分の命を自分で守る」ための体験型施設へと生まれ変わった。
ここでは、はじめに今後横浜市で想定される災害が起きたら、どんなことが起こるかを知り、備え行動を身につける気持ちを喚起させる。そして、自分に必要な行動を体験し、日常の減災行動へつなげることを目指している。
災害が起きるのを止めることはできない、しかし、日常の備えによってその被害を最小限にくい留めることはできる。そのための訓練の場がここである。

所在地
神奈川県横浜市神奈川区沢渡4-7
分野
防災教育
設立主体
横浜市
開館年月
2016年(平成28年)4月1日 リニューアル
規模
建築面積 1,826m²
延床面積 3,406m²
展示面積  670m²
業務範囲
展示施設設計
展示制作・工事

弊社実績の詳細についてのお問い合わせ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る