ホーム > プロジェクトレポート − 尼崎城天守

プロジェクトレポート 2019

尼崎城天守

古地図を投影する大型床面映像 arrow arrow
古地図を投影する大型床面映像
古地図を投影する大型床面映像 尼崎市民の思いが詰まっている 城下を解説する窓面グラフィック 復元された鯱を眺める 尼崎が生んだ城郭画家の作品 江戸時代をテーマとする絵本だけを集めたコーナー 忍者になりきり鏡効果で消える 尼崎城のVR操作体験コーナー ワイド10mの大型VR映像 尼崎城外観
10
arrow arrow

新しい尼崎のシンボルとして市民に愛される城

明治6年の廃城令により長らくその姿が消えていた尼崎城だが、天守が再建され尼崎市に寄贈されたことと併せて内部展示を整備し、多くの来場者に尼崎城の歴史や歴史体験を提供することとなった。

 

尼崎城外観 1000名を超える一口城主のエッチング銘板 尼崎市民の思いが詰まっている
尼崎城外観
 
1000名を超える一口城主のエッチング銘板
尼崎市民の思いが詰まっている
 
期待感あふれる入口 おもてなしの受付
期待感あふれる入口
 
おもてなしの受付

窓の景色と江戸時代の様子を比較できる展望モニタ、在りし日の尼崎城の全景が幅10mの大型スクリーンによみがえるVR映像、鉄砲や刀を操作して得点を競う「侍道場」、各地の天守を絵合わせするお城パズルなど多数のデジタルコンテンツを整備した。

 

復元されたしゃちほこを眺める 城下を解説する窓面グラフィック
復元された鯱(しゃちほこ)を眺める
 
城下を解説する窓面グラフィック
ワイド10mの大型VR映像
 
鉄砲や刀のデジタルゲーム体験

また武具に触れることのできる展示や、かつて尼崎城御殿にあった金の間をイメージしたなりきり体験コーナーなど、多彩な体験展示により、城にまつわる世界観を伝えている。

 

お殿様・お姫様 なりきり体験
 
忍者になりきり鏡効果で消える
 
尼崎城のVR操作体験コーナー
 
尼崎が生んだ城郭画家の作品

城内での体験にとどまらず、無料ゾーンに周辺観光案内を兼ねた大型床面映像を配置するなど、地域を結ぶ尼崎のシンボルとなっている。

 

江戸時代をテーマとする絵本だけを集めたコーナー
 
古地図を投影する大型床面映像(無料ゾーン)

■公式サイト https://amagasaki-castle.jp/
■所在地 兵庫県尼崎市北城内27
■分野 観光・体験学習
■設立主体 尼崎市
■開館年月 2019年(平成31年)3月29日
■規模 建築面積 641.96㎡
延床面積 1,408.99㎡
展示面積 1023.97㎡
■業務範囲 基本計画
展示施設設計
展示制作・工事
お客様の課題を解決するコミュニケーション環境デザイン プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す
ご相談・お問い合わせ