ホーム > プロジェクトレポート − 須磨海浜水族園 さかなライブ劇場 リニューアル

プロジェクトレポート 2016

須磨海浜水族園 さかなライブ劇場 リニューアル

デンキウナギのビリビリ水槽
デンキウナギのビリビリ水槽 テッポウウオのエサ体験 ハリセンボンがふくらむ
5

神戸の水族館の「(真面目に)おちょけた」ライブ劇場

複数のパビリオンで構成され家族で楽しめる「須磨海浜水族園」において、さかなライブ劇場はいきものがエサをたべる際の行動を飼育員の解説付きで実演することで人気があったが、今回のリニューアルで体験型の施設へと生まれ変わった。
テッポウウオが飛ばす水滴のスピードを、エサになった立場で体験できるバレーボールシューター、デンキウナギの発電と同期するビリビリ水槽など、来園者は見るだけでなく、自ら「エサ」となり、いきものの素晴らしい能力を体感し、痛くて笑えるライブショーを盛り上げている。関西弁でいうと少し「おちょけた」展示手法で水族館の新機軸をつくりだした。
また、水中カメラで捕食を間近に映すライブ映像や、おそらく日本初となるハリセンボンが膨らむ行動の展示など、いきものの行動の魅力をたくさん引き出すよう工夫した。

■所在地 兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3-5
■分野 水族館
■設立主体 神戸市
■指定管理者 ウエスコ・名鉄インプレス・アクアート特定共同事業体
■開館年月 2016年(平成28年)3月
■規模 展示面積 260㎡(リニューアル部分)
■業務範囲 展示設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す