プロジェクトレポート 2021熊本城 特別公開関連管理運営業務

熊本城の魅力と価値を未来へ継承するパークマネジメント業務の推進

熊本城天守閣
熊本城天守閣
熊本城遠景
熊本城遠景
加藤清正像
加藤清正像
天守閣と桜
天守閣と桜
天守閣入口・小天守地階
天守閣入口・小天守地階
天守閣内部展示(地下1階 穴蔵)
天守閣内部展示(地下1階 穴蔵)
天守閣内部展示(4階 復興城主デジタル芳名板)
天守閣内部展示(4階 復興城主デジタル芳名板)
<ruby><rb>闇</rb><rp>(</rp><rt>くらが</rt><rp>)</rp></ruby>り通路
くらがり通路
<ruby><rb>昭君之間</rb><rp>(</rp><rt>しょうくんのま</rt><rp>)</rp></ruby>(南面)
昭君之間しょうくんのま(南面)
特別見学通路からの眺め(ライトアップ)
特別見学通路からの眺め(ライトアップ)
  • 熊本城天守閣
  • 熊本城遠景
  • 加藤清正像
  • 天守閣と桜
  • 天守閣入口・小天守地階
  • 天守閣内部展示(地下1階 穴蔵)
  • 天守閣内部展示(4階 復興城主デジタル芳名板)
  • <ruby><rb>闇</rb><rp>(</rp><rt>くらが</rt><rp>)</rp></ruby>り通路
  • <ruby><rb>昭君之間</rb><rp>(</rp><rt>しょうくんのま</rt><rp>)</rp></ruby>(南面)
  • 特別見学通路からの眺め(ライトアップ)

熊本城の魅力と価値を未来へ継承するパークマネジメント業務の推進

熊本城の魅力や価値のさらなる向上、熊本城への興味喚起、来城者の満足度の向上及び来城者数の増加を図ることを目的にしたパークマネジメント業務を受託しています。本業務では、平成29年度策定の「特別史跡熊本城跡保存活用計画」や、近年の観光振興にかかる環境の変化、新型コロナウィルス感染症の状況等を踏まえつつ、日々進捗する熊本城の復旧工事との調整を図りながら、文化財保存活用の重要施設として、また、熊本市観光の中心施設として、文化財の保全や来園者の安全確保等に配慮した適切な管理運営を行いつつ、熊本城の魅力の発信につとめています。運営にあたり、ICTなどの新しい技術や手法を取り入れたDX(デジタルトランスフォーメーション)の積極的な導入など、より効果的かつ効率的なパークマネジメントに取り組んでいます。

写真提供:熊本城総合事務所

所在地
熊本県熊本市中央区本丸地内 ほか
分野
歴史・観光
設立主体
熊本市文化市民局熊本城総合事務所
業務委託期間
2021年(令和3年)4月1日
 〜2024年(令和6年)3月31日
規模
熊本城天守閣
延床面積 3,068 ㎡
高さ:約30m(石垣天端より)
城郭
 面積 約980,000㎡(約98ha)
 周囲 約5.3km
運営業務の範囲
・警備業務
・清掃業務
・設備保守点検業務
・天守閣内展示保守点検業務
・入園管理業務
・広報・PRと誘客促進業務
受託者
熊本城パークマネジメント共同企業体
受託者の構成
代表者:
 凸版印刷株式会社
構成員:
 株式会社トータルメディア開発研究所
 株式会社 JTB 熊本支店
 九州綜合サービス株式会社

弊社実績の詳細についてのお問合せ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る