ホーム > プロジェクトレポート − かわさきエコ暮らし未来館 水素エネルギー情報発信コーナー

プロジェクトレポート 2020

かわさきエコ暮らし未来館 水素エネルギー情報発信コーナー

「水素シティの住人になろう」 arrow arrow
「水素シティの住人になろう」
「水素シティの住人になろう」 大型モニターで体験 「川崎水素最前線」
3
arrow arrow

“水素社会モデル都市かわさき”を実感する体験型展示

2011年に開館した体験型環境学習施設「かわさきエコ暮らし未来館」の部分リニューアルプロジェクト。深刻化する地球温暖化を背景に、川崎市でも臨海部を中心に環境負荷の少ない水素エネルギーの認知度向上に資する様々なプロジェクトやモデル事業が展開されている。こうした状況のもと、水素社会への興味・関心の醸成と一層の普及啓発に向け、一部展示のリニューアルを行った。
生活者と水素エネルギーの関わりを実感してもらうために、水素に関するクイズコーナーや、自身のアバターが仮想の街で水素に関わる活動に取り組む体験型映像コンテンツ「水素シティの住人になろう」などを新たに導入。また、「川崎水素最前線」では、より詳しい水素に関する内容をアニメーションで伝えることで、川崎市の水素への取り組みを分かりやすく解説し、これからの水素社会への期待感を感じてもらうように構成した。

■所在地 神奈川県川崎市川崎区浮島町509番-1 浮島処理センター内
■分野 環境学習
■設立主体 川崎市
■開館年月 2020年(令和2年)2月28日
■規模 展示面積 50㎡(リニューアル部分のみ)
■業務範囲 基本計画
展示施設設計
展示制作・工事
お客様の課題を解決するコミュニケーション環境デザイン プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す
ご相談・お問い合わせ