ホーム > プロジェクトレポート − 埼玉西部防災センター

プロジェクトレポート 1996

埼玉西部防災センター

様々な防災体験ができる防災コーナー
様々な防災体験ができる防災コーナー 煙体験コーナー 震度7まで体験できる起震機室
3

市民の防災意識向上をめざして

当施設は、飯能市・日高市・名栗村の3つの地域が一つの体制で防災活動にあたるべく建設された施設で、阪神大震災以後に完成した全国で最も新しい防災センターの一つである。市民への防災意識の普及のため設けられた防災学習施設は、通信指令室と共に本防災センターの目玉であり、1階の実物展示コーナー・起震機室・市民防災コーナーと4階のミニシアターとで構成される。中でも起震機室には、過去の大地震や震度7が体験できる、映像と連動した起震装置が設けられ、来館者に地震への備えを訴えている。また、防災コーナーでは応急救護の実技指導や煙体験、消火器の使い方、119番通報のしかたなど、多くの体験型展示で防災意識の向上をめざしている。

■所在地 埼玉県飯能市大字小久保291
■分野 専門
■設立主体 飯能市・日高市・名栗村
■開館年月 1996年(平成8年)4月
■規模 敷地面積 24,302m2
建築面積  3,254m2
延床面積  5,610m2
展示面積   300m2
■業務範囲 展示施工
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す