プロジェクトレポート 2017呉市入船山記念館 指定管理者

近代日本の黎明期を物語る入船山一帯の建築物を連携し、呉市の周遊型歴史観光の促進と文化向上に寄与

イベント『ひろしま はなのわ2020』で造園された官舎
イベント『ひろしま はなのわ2020』で造園された官舎
豪奢な金唐紙を見ることができる洋館部室内
豪奢な金唐紙を見ることができる洋館部室内
団体ツアー向け金唐紙色付け体験
団体ツアー向け金唐紙色付け体験
上田尚先生による金唐紙制作体験
上田尚先生による金唐紙制作体験
司令長官と家族が生活していた和館部
司令長官と家族が生活していた和館部
「東郷家住宅離れ」から見る「故山苑」
「東郷家住宅離れ」から見る「故山苑」
三癸亭賣茶流による入船山煎茶会
三癸亭賣茶流による入船山煎茶会
故山苑で行われた看護学生の応援団
故山苑で行われた看護学生の応援団
小中学生が作曲した美しい旋律が流れる「旧呉海軍工廠塔時計」
小中学生が作曲した美しい旋律が流れる「旧呉海軍工廠塔時計」
  • イベント『ひろしま はなのわ2020』で造園された官舎
  • 豪奢な金唐紙を見ることができる洋館部室内
  • 団体ツアー向け金唐紙色付け体験
  • 上田尚先生による金唐紙制作体験
  • 司令長官と家族が生活していた和館部
  • 「東郷家住宅離れ」から見る「故山苑」
  • 三癸亭賣茶流による入船山煎茶会
  • 故山苑で行われた看護学生の応援団
  • 小中学生が作曲した美しい旋律が流れる「旧呉海軍工廠塔時計」

近代日本の黎明期を物語る入船山一帯の建築物を連携し、呉市の周遊型歴史観光の促進と文化向上に寄与

呉市入船山記念館は、国の重要文化財に指定されている旧呉鎮守府司令長官官舎をはじめとする、旧呉海軍工廠塔時計、旧東郷家住宅離れ、郷土館、歴史民俗資料館などの入船山一帯の歴史的建築物・史跡の総称です。本記念館は、近代日本の黎明期を物語る呉を代表する貴重な資源として、同市の歴史観光の促進と郷土文化の向上に資することを目的に開設されました。 当社は、かねてから同じ呉市内の呉市海事歴史科学館 大和ミュージアムの指定管理を行っており、その後、入船山記念館が大和ミュージアムと一体的に運営することが義務付けられたことを機に、平成29年4月より記念館の指定管理も合わせて行うこととなりました。 本記念館では、市が実施する調査研究・展示企画にもとづいた常設展示・企画展の実施や、広報・普及、案内業務、施設維持管理などを指定管理者として行い、呉市の周遊型歴史観光と郷土学習促進の一翼を担っています。

所在地
呉市入船山記念館:広島県呉市幸町4-6
分野
歴史
設立主体
呉市
指定管理期間
平成29年4月1日~令和4年3月31日

※下記の通り、平成20年4月より、呉市海事歴史科学館 大和ミュージアムを単独で指定管理。第3期より入船山記念館も合わせて、両施設を一体的に指定管理。

呉市海事歴史科学館 大和ミュージアムの指定管理実績の経緯
第1期:2008年(平成20年)4月1日
 ~2012年(平成24年)3月31日
第2期:2012年(平成24年)4月1日
 ~2017年(平成29年)3月31日
第3期:2017年(平成29年)4月1日
 ~2022年(令和4年)3月31日
   (大和ミュージアムと一体的に管理)
規模
・旧鎮守府長官官舎(建築面積 527㎡)
・1号館(建築面積 39㎡)
・2号館(建築面積 76㎡)
・郷土資料館(延床面積 358㎡)
・歴史民俗資料館(延床面積 484㎡)
主な指定管理
 業務
案内・サービス業務
展示実施業務
広報・普及業務
施設の維持管理業務 など
団体名
大和ミュージアム・入船山記念館運営グループ
構成
代表企業:
 凸版印刷株式会社
構成員:
 株式会社トータルメディア開発研究所
 株式会社日本旅行
 ビルックス株式会社

弊社実績の詳細についてのお問合せ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問合せください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る