ホーム > プロジェクトレポート − YKKセンターパーク 丸屋根展示館1号館

プロジェクトレポート 2015

YKKセンターパーク 丸屋根展示館1号館

YKKタウン
YKKタウン ファスナーづくり 創業者吉田忠雄ホール
3

YKKのものづくり精神と技術を伝えるミュージアム

富山県黒部市を本拠地とするYKK㈱、YKK AP㈱は、2015年春の北陸新幹線開通に合わせて基幹となる黒部工場の再整備を行った。それに伴い黒部工場の入口にある、約10年前から「ふるさとの森づくり」として整備してきた「YKKセンターパーク」の機能を更に充実させるため、丸屋根が特徴的な日本最古といわれる工場建築の旧工場を活用し、「YKKのものづくり」をコンセプトとした新たな展示空間を整備した。
展示空間は、親しみやすさとエンターテイメント性に留意する一方、事業の2本柱である“ファスナー”と“窓”の製造方法や卓越した技術の解説、その技術が多様に使われている応用製品の展示、創業者である吉田忠雄の顕彰展示など、YKKの「精神と技術」が分かりやすく解説されている。
本施設は地域の観光振興に寄与する産業観光施設としても注目を集めている。

■所在地 富山県黒部市吉田200 YKKセンターパーク
■分野 企業文化
■設立主体 YKK株式会社
■開館年月 2015年(平成27年)4月28日
■規模 建築面積 1,365m²
展示面積 1,050m²
■業務範囲 展示基本計画
展示基本設計
展示実施設計
展示施工
ヤンマーミュージアム/ヤンマー

触れて、学べて、楽しめる!体験型のミュージアム

ヤンマー創立100周年事業の一環として整備された、エンターテイメントと学習が融合した体験型のミュージアム。「ここにしかない感動」をコンセプトに、色鮮やかな展示空間の中で、都市・大地・海洋というヤンマーの3つの事業フィールドに沿ったストーリーが展開する構成となっています。最大の目玉となるのが搭乗可能な農作業機械、全長約11mのボートを用いた操船シミュレーター、操縦可能なミニショベルなど。触れて、学べて、楽しめる体験展示が、主要ターゲットとなる小学生やそのファミリーの期待感を膨らませます。

プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す