ホーム > 実績館トピックス − 2024年2月17日〜3月24日 十日町市博物館 冬季企画展「究極の雪国 建ものがたり」

実績館トピックス

2024年2月17日〜3月24日
十日町市博物館 冬季企画展「究極の雪国 建ものがたり」


重要有形民俗文化財「十日町の積雪期用具3,868点」の中から住生活道具を展示して、
日本遺産「究極の雪国 とおかまち」の住文化の知恵を紹介します。

公式サイト:( 外部リンク 外部リンク)

チラシ表

日時

2月17日(土)~3月24日(日)

時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

2月中は毎週月・火曜(2月12は開館)、3月中は毎週月曜

会場

博物館 企画展示室

料金

500円(常設展も見学可、団体20名以上400円、中学生以下無料)

学芸員による展示解説

2月25日・3月10日・24日(日)の午後1時30分~2時(要入場券) 

本件に関するお問い合わせ

十日町市博物館
〒948-0072
 新潟県十日町市西本町一丁目448番地9
TEL:025-757-5531 FAX:025-757-6998
E-MAIL:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

十日町市博物館に関するプロジェクトレポート

「笹山遺跡出土深鉢形土器群」を鑑賞できる 国宝展示室
建築設計/展示施設設計/展示制作・工事

十日町市の多様で豊かな自然と歴史・文化を発信する拠点

本施設は、十日町市の多様で豊かな自然と歴史・文化を市民と共に探求し、保全・継承し、その価値を国内外に発信することを目的に設立された。展示は、3つの展示テーマへの興味を喚起する「導入展示・十日町プロローグ」を起点に、国宝火焔型土器をはじめとする縄文文化を豊富な実物資料で伝える「縄文時代と火焔型土器のクニ」、古代から現代まで受け継がれた「織物の歴史」、雪国特有の生活文化や信濃川と人々のかかわりを紹介する「雪と信濃川」で構成されている。
続きを読む

実績館トピックス

ページのトップへ戻る