ホーム > 実績館トピックス − 2022年6月25日~9月4日 姫路文学館 特別展「とびだせ!長谷川義史展」

実績館トピックス

2022年6月25日~9月4日
姫路文学館 特別展「とびだせ!長谷川義史展」

くすっとしたり、ほろりとしたり

長谷川義史さんの絵は、ダイナミックな筆づかいから生み出される印象的な絵と、ちょっとユニークな登場人物が特徴です。
大阪出身で大阪を拠点に活動し、絵本の他にもイラスト付きエッセイや、翻訳絵本も手掛けるほか、テレビ番組にもコーナーを持つなど幅広く活躍しています。
本展では、絵本原画のほか、イラストレーションやデザインの仕事、立体作品、絵本の下絵やダミー本などもまじえ、長谷川さんのこれまでの創作の軌跡と魅力を余すことなく紹介します。
「世界中のみんなが笑っていてほしい、幸せであってほしい」という願いの詰まった長谷川さんの絵本の世界をぜひお楽しみください。

公式サイト( 外部リンク 外部リンク)

長谷川義史

チラシ

会期

2022年6月25日(土)~9月4日(日)

休館日

月曜日・7月19日(ただし7月18日は開館)

会場

姫路文学館 北館

観覧料

一般700円、大学・高校生400円、中学・小学生200円 未就学児無料

・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方(手帳またはミライロIDの手帳画面を提示してください)、及び介護者1名は半額。
・20名以上の団体は2割引
・常設展示も観覧可

主催

姫路文学館、MBSテレビ

協力

空色画房

後援

朝日新聞姫路支局、神戸新聞社、産経新聞社、サンテレビジョン、播磨時報社、播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、姫路シティFM21、毎日新聞姫路支局、読売新聞姫路支局、ラジオ関西

イベント

会場はいずれも講堂(北館3階)
・長谷川義史さん絵本ライブ&サイン会(6月25日)
・えほんのじかん~おはなし会(7月16日・8月20日)
・長谷川義史絵本ワールド~MBSアナウンサー コトノハ朗読会(7月23日)
・長谷川義史さんミニ絵本ライブ&サイン会(8月11日)

交通案内

◆電車&バス
JR・山電姫路駅前の神姫バスターミナル
・9・10・17・18番乗り場から乗車約6分、「市之橋文学館前」下車、北へ徒歩約4分
※上記乗り場から発車するバスにも「市之橋文学館前」に止まらないものがありますので、確認のうえご乗車ください。
・6番乗り場で城周辺観光ループバス乗車10分、「清水橋(文学館前)」下車、西へ徒歩約3分
◆お車
・姫路バイパス 「中地ランプ」下車、北東へ約15分。
・山陽自動車道「姫路西I.C」下車、南東へ約25分、「姫路東I.C」下車、南西へ約25分
・中国縦貫自動車道「福崎I.C」より、播但連絡自動車道「砥堀ランプ」下車、南西へ約25分
・国道2号線より、大手前通りを北上、姫路城前を西へ約700m進み、野本眼科の角を右折約200
◆駐車場
・50台(無料)。大型バスでご来館の場合は事前にご連絡ください

本件に関するお問い合わせ

姫路文学館
〒670-0021 姫路市山野井町84番地
TEL: 079-293-8228 FAX:079-298-2533

姫路文学館に関するプロジェクトレポート


文学や文人に興味をもたせる試みを実現したリニューアル
展示施設設計/展示制作・工事

文学や文人に興味をもたせる試みを実現したリニューアル

本施設は建物、設備の老朽化にともない、開館して25年目の今年、外観デザインは継承しつつ展示の全面改修をおこなった。リニューアルにあたっては、「よりわかりやすく親しみやすい展示」のコンセプトのもとさまざまな展示の工夫と挑戦を試みた。生まれ変わった文学館のみどころは、姫路城にまつわる物語や歴史を紹介する「ものがたり回廊」、播磨ゆかりの文人の人生観と向き合う「ことばの森」、播磨国風土記のおはなしをモビールで紹介した「よいこのへや」など、多様なアプローチによって幅広い年齢層に対応できる展示とした …続きを読む

実績館トピックス

ページのトップへ戻る