プロジェクトレポート 2020日東電工茨木事業所 本館展示エリア

Nittoと様々なステークホルダーが深く“つながる”場

1F 日東電工の歴史と今を伝える展示
1F 日東電工の歴史と今を伝える展示
2F 日東電工の未来に向けた取組を伝える展示
2F 日東電工の未来に向けた取組を伝える展示
日東電工が目指す未来ビジョン
日東電工が目指す未来ビジョン
偏光フィルムを用いた映像演出
偏光フィルムを用いた映像演出
ピックアップ製品の展示
ピックアップ製品の展示
事業領域と主要製品を伝えるタッチパネル
事業領域と主要製品を伝えるタッチパネル
日東電工の100年の伝える歴史年表
日東電工の100年の伝える歴史年表
ガイダンスルーム
ガイダンスルーム
中長期の活動内容を紹介するコーナー
中長期の活動内容を紹介するコーナー
ニッチトップ・グローバル開発製品の展示
ニッチトップ・グローバル開発製品の展示
  • 1F 日東電工の歴史と今を伝える展示
  • 2F 日東電工の未来に向けた取組を伝える展示
  • 日東電工が目指す未来ビジョン
  • 偏光フィルムを用いた映像演出
  • ピックアップ製品の展示
  • 事業領域と主要製品を伝えるタッチパネル
  • 日東電工の100年の伝える歴史年表
  • ガイダンスルーム
  • 中長期の活動内容を紹介するコーナー
  • ニッチトップ・グローバル開発製品の展示

Nittoと様々なステークホルダーが深く“つながる”場

茨木事業所内に新設された本展示エリアは「Nittoの過去・現在・未来」を伝え、Nittoと様々なステークホルダーとを『つなぐ』場であり、2016年に整備された研究開発・人財育成施設「inovasイノヴァス」へ導く動線上に配置されている。
過去・現在をテーマにした1階では、映像とNittoの偏光フィルムによる効果を組み合わせた導入演出で、Nittoと暮らしの繋がりを印象的に訴求。
100年の歴史を伝えるグラフィックウォールや、トピック製品展示、事業領域や製品紹介のタッチパネルなどを導入し、多彩な展示に自由にアクセスできる空間とした。
未来をテーマにした2階では、経営方針やこれからの製品開発などを紹介。Nitto製品がつくる未来の暮らしを体感できる没入感のある映像シアターを導入し、顧客やサプライヤーと未来の製品について語り合うコミュニケーションの場を創出した。
様々な『つながり』を図る本展示エリアは、Nittoのこれからの100年をステークホルダーと共に創造していくきっかけを生み出すエリアとして期待が寄せられている。

所在地
大阪府茨木市下穂積1丁目1番-2
分野
企業PR施設
設立主体
日東電工株式会社
開館年月
2020年(令和2年)4月
規模
建築面積  4,042.71㎡
延床面積 12,636.96㎡
展示面積    820㎡
業務範囲
展示施設設計
展示制作・工事

弊社実績の詳細についてのお問い合わせ、ご相談、ご依頼は
下記問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。
担当者よりご連絡させていただきます。

ページのトップへ戻る