ホーム > プロジェクトレポート − 順天堂大学 日本医学教育歴史館

プロジェクトレポート 2014

順天堂大学 日本医学教育歴史館

日本医学教育史年表
日本医学教育史年表 上階より展示空間を望む 資料展示
3

日本の医学教育史を資料で検証できる歴史館

学校法人順天堂は、学祖佐藤泰然による医学塾の開設によって江戸時代後期に日本最古の医療機関として始まり創立175周年を迎えた。本施設はこれを機に、医学教育の歴史を資料により検証できる日本唯一の施設として御茶ノ水の高層ビル内に設置された。日本の医学・医療の歴史の中でも特に「医学教育」に特化し、近代日本における医師や医療従事者の「人と技」の歴史がいかに成されてきたのかを具体的に見てとることができる。
展示室は、1階から18階までの大きな吹き抜けを持つ特徴的な建物の最上階に位置し、全面ガラス、仕切りのない開放的なフロア構成を活かした大きな箱の中に、資料展示室となる新たな箱を出現させている。資料展示は空間内部に集約させ、外部エリアは広報発表、講習等にも活用可能な人の集える空間となっている。同大学の関係者のみならず、医療分野を志す学生、多くの医療従事者の研修等の場としての活用も期待される。

ホームページ:順天堂大学日本医学教育歴史館 外部リンク)

■公式サイト http://www.juntendo.ac.jp/jmehm/
■所在地 東京都文京区本郷2丁目2番9号 センチュリータワー17階北
■分野 教育
■設立主体 学校法人順天堂
■開館年月 2014年(平成26年)9月
■規模 建築面積  2,419m²
延床面積 26,470m²
展示面積   460 m²
■業務範囲 展示計画
設計
施工
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す