写真説明

1 戦艦「大和」10分の1模型
2 常設展示室「呉の歴史」
3 大型資料展示室

所在地 広島県呉市宝町5-20
館 種 専門
設立主体 呉市
開館年月 2005年(平成17年)
4月23日
規 模 建築面積 4,817m2
延床面積 9,628m2
展示面積 3,472m2
業務範囲 展示計画
管理運営計画
展示施設設計
施工

掲載ページの内容について許可なく
複製又は使用する事を禁止します。

戦艦「大和」をとおしてみる歴史と技術

戦艦「大和」を建造し、海軍工廠のまちとして栄えた呉市が、「大和」をとおしてみた近代の歴史と科学技術を紹介する歴史科学館としてこの施設を建設した。 館のシンボルである戦艦「大和」10分の1模型を大和ひろばに展示し、それをとり囲むように諸室を配置し、大和を中心に展示室をめぐる観覧動線とした。 1階は歴史に関連した展示で構成し、とくに常設展示室「呉の歴史」では、壁面を年表にみたて、日本の近代化とともに歩んだ呉の歴史を時代の経過とともに理解できる構成にした。3階は科学技術関連の展示とし、「船をつくる技術」では展示室を海上にみたて、小中学生が船の科学を体験装置で楽しく学べる空間とし、「未来へ」は宇宙にみたてた展示室で、松本零士の「宇宙戦艦ヤマト」の世界などを紹介している。また大型資料展示室は、ゼロ戦や回天など大型実物資料の間をめぐり、さまざまなアングルから迫力ある観覧が可能な構成とした。

◆館の公式サイト