写真説明

1 海を科学する「アクアゾーン」
2 エネルギーを科学する「アトムゾーン」
3 「サイエンスワークショップ」

所在地 福井県敦賀市神楽2-2-4
館 種 理工
設立主体 核燃料サイクル開発機構
開館年月 2001年(平成13年)
6月5日
規 模 建築面積 1,650m2
延床面積 4,600m2
展示面積 1,700m2
業務範囲 施工

掲載ページの内容について許可なく
複製又は使用する事を禁止します。

集い、学び、創造する-アクアトム-

アクアトムは、敦賀の風土と人をはぐくんできた「海」を基本テーマに、青少年の科学への興味や創造性をはぐくみ、地域に賑わいと活力をもたらすことをめざした施設である。1階は「情報」と「くつろぎ」のフロア。敦賀のまちや海に関する情報があふれ、吹抜けの下には巨大なボールタワーがそびえたっている。2階は「ふしぎ」と「体験」のフロア。海とエネルギーの科学や技術をわかりやすい参加体験型の装置で展示表現し、興味をうながすようにしている。
3階は「交流」と「創造」のフロア。科学実験をしたりデジタル作品をつくるワークショップと、いろいろな催しをおこなうホールやギャラリーなど、さまざまな活動の場にしている。そして、最上階には、市内を一望できる展望室をもうけることにより、この施設の集客性を高めている。

◆館の公式サイト