ホーム > プロジェクトレポート − 甲斐黄金村 湯之奥金山博物館

プロジェクトレポート 1997

甲斐黄金村 湯之奥金山博物館

金山での作業を再現したジオラマ模型 arrow arrow
金山での作業を再現したジオラマ模型
金山での作業を再現したジオラマ模型 作業風景再現
2
arrow arrow

甦る戦国の黄金郷

中世の金山をテーマにした国内初の資料館である。山梨県の下部町に位置する「湯之奥金山」は、戦国期甲斐武田氏を背後で支えた中世屈指の金山であり、数年前までは謎に包まれた存在であった。

●建築の外観は、山波の背後に隠れた金鉱石の存在や山肌の色など、資料館のテーマにもとづいた要素で構成している。また、急峻な尾根筋にある遺跡の現場の臨場感を伝えるため、山路に見立てた長いスロープを建築動線に取り入れるなど、建築と展示が一体となった構成をとっている。
●展示室では、調査で発掘された石臼などの道具や金鉱石、あるいは甲州金などの数々の貴重な実物資料を展示し、また、ジオラマ模型で当時の金山での作業の様子を再現している。
●映像シアターでは、黄金の神秘性ともとに、戦国時代を生き抜く上で黄金の果たした役割などを、演出照明を取り入れた大画面映像で紹介している。

■公式サイト http://www.town.minobu.lg.jp/kinzan/index.html
■所在地 山梨県南巨摩郡身延町上之平1787番地先
■分野 歴史
■設立主体 下部町(現 身延町)
■開館年月 1997年(平成9年)4月
■規模 展示面積 528㎡
■業務範囲 建築基本設計
展示施設設計
展示施工
映像ソフト制作
図録・ポスター等制作
お客様の課題を解決するコミュニケーション環境デザイン プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す
ご相談・お問い合わせ