写真説明
  1. 1. 常設展示室プロローグ部
  2. 2. 昭和30年代石神井公園駅前の観光や工芸を紹介する「わがまち練馬情報コーナー」
  3. 3. 観光や工芸を紹介する「わがまち練馬情報コーナー」

「ふ・る・さ・と」のテーマに基づいた地域文化創造拠点

当館は区民の憩いの場である石神井公園に隣接するロケーションに、練馬区に息づいている「伝統的な近郊農村の生活文化」と「首都東京の住宅都市としての文化」の歴史や伝統、自然、観光情報を発信していく博物館として開館しました。
「ふ(ふれあい)る(ルーツをさぐる)さ(さわれる)と(とりかえられる)」をテーマに、常設展示室では、展示替えが可能な資料展示を中心に、ハンズ・オン展示や昭和30年代の石神井公園駅前の実大再現展示の手法を導入しています。随所に取り入れた体験型展示は、さまざまな活動へと誘う構成となっています。館内のギャラリーや会議室ではサークル活動や区民の方々の創作作品の展示・発表や、さまざまな文化活動の場としても利用できます。
体験、交流、参加、観光活動などを通して、「わがまち練馬」の文化の再発見と創造へと導き、新たな練馬区の地域文化創造を担う施設として期待されています。


◆館の公式サイト

http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/furusato/
所 在 地 東京都練馬区石神井町5-12-16
館  種 郷土
設立主体 練馬区
開館年月 2010年(平成22年)3月28日
規  模 建築面積  1,956m²
延床面積  3,274m²
展示面積  882m²
業務範囲 展示施設設計
施工

掲載ページの内容について許可なく
複製又は使用する事を禁止します。