写真説明

1 大隈重信総長着用「緋のガウン」
2 ケースとパネルのみのシンプルな構成
3 着脱式LED照明内蔵の密閉型ケース

所在地 東京都新宿区西早稲田1-6-1
西早稲田キャンパス2号館
館 種 専門
設立主体 学校法人 早稲田大学
開館年月 2007年(平成19年)
10月17日
規 模 展示面積 約150m2
業務範囲 展示施設設計
施工

掲載ページの内容について許可なく
複製又は使用する事を禁止します。

早稲田大学建学の精神を体現する静謐の空間

大隈記念室は、早稲田大学創立125周年を記念して、創立者大隈重信の事績を明らかにするとともに、その建学の精神を体現する場として設けられました。
近代日本のあるべき姿を、生涯をかけて追い求めた大隈重信。早稲田大学建学の理念、「学問の独立」と「進取の精神」は、まさに大隈が時代と格闘する中から生まれ出たものです。当室は、大隈の遺品類をはじめ、選りすぐりの資料を通して、輝きの中に苦悩と挫折を併せ持った大隈の生涯を描き出しました。
10m四方の小空間には、シンプルに構成されたケースが配置され、選び抜かれた素材の組み合わせによる内装が、落ち着きのある、静謐な佇まいを醸成し、資料に集中できる最良の環境を整えています。 資料が発するひとつひとつのメッセージを紡いでいくと、大隈と激動の近代日本の歴史が見えてくるはずです。早稲田大学の原点は、まさにここにあります。

◆館の公式サイト