ホーム > プロジェクトレポート − 二宮尊徳記念館・日光市歴史民俗資料館

プロジェクトレポート 2017

二宮尊徳記念館・日光市歴史民俗資料館

1階 尊徳記念館入口
1階 尊徳記念館入口 1階 吹抜け 尊徳記念館サイン 1階 展示室内部 日光仕法の拠点「報徳役所」模型 2階 日光杉並木街道演出 2階 歴史民俗資料館内部の様子 2階 展示室 日光東照宮から贈られた杉輪切り 日光ブランドの紹介
10

尊徳の教え「報徳」による、まちづくり拠点

日光復興に尽力した二宮尊徳を顕彰する「二宮尊徳記念館」と、市の歴史を紹介する「日光市歴史民俗資料館」が二宮尊徳終焉の地に設立された。
1階の二宮尊徳記念館は、両館のエントランスとして、誰もが知る「金次郎像」を中心に、日光の文化財や観光情報がわかる映像と、関連書籍をゆっくり閲覧できるベンチなどを設置し、明るく気軽に学べる空間となっている。尊徳記念館は奥に進むと尊徳の業績や教え、そしてその遺志を継ぐ息子と弟子の活躍が、資料や映像、模型で語られている。
2階の日光市歴史民俗資料館は、日光杉並木街道を演出した空間を通り展示室へ入る。ここでは日光山をテーマに日光の自然と歴史・文化が紹介されている。
両館を通じて、「(尊徳が説き広めた)報徳の教えの学習と実践によるまちづくり」の設立目的に寄与すべく、多くの人が集まり語りあう交流拠点の実現を目指した。

■所在地 栃木県日光市今市
■分野 人文、歴史・民俗
■設立主体 日光市
■開館年月 2017年(平成29年)4月
■規模 延床面積 約2,000㎡
展示面積  約450㎡
■業務範囲 展示基本設計
展示実施設計
展示製作・工事
プロジェクト事例検索
事業分野から探す
コミュニケーション課題から探す